関中建設技術センター

 建設業の安全衛生教育

(技能講習・特別教育)


①車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習(機体重量3トン以上のもの)

②玉掛け

③クレーン操作、高所作業、アーク溶接、ガス溶接、足場設置等

 


 建設現場に入り、建設作業する時に安全に作業をする為に、

 講習を実施して免許を取得しなければなりません。

 その講習を実施することができる学校が関中建設技術センターです。

 日本国の労働局から許可を取得して、センターで取得した資格証で日本の建設現場ならどこでも安全な作業が可能になります。

 

 建設関係の重機、道具、作業方法には危険を伴う場合があります。

 実習先で、重大な怪我、事故を起こさない様に、

 安全衛生教育を実習生は受講しなければなりません。

 

 これは、実習生のみならず、日本人でも同様で、安全衛生講習を受講しなければ、日本の建設現場で作業はできません。

 

 講習に関する費用は、受入会社さんが負担してくれたり、日本の国が助成金を出してくれるなど、実習生は、無料で受講できます。

 また、日本での建設関係資格を取得すると、日本のどんな建設現場でも入場し仕事ができるだけでなく、母国に帰国後、日系の企業、建設会社で働く時、日本での安全教育受講の証しとして役立つことでしょう。

 

 実習生みなさんの建設作業おける安全をこころから祈っています。

関 中 建 設 技 術 セ ン ター

センター長 杉 本 良 造



   □ 特別教育(機体質量3トン未満)

 □ 技能講習(機体質量3トン以上)

(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習

機体質量3t以上の車両系建設機械(整地等)の運転作業に従事する方は、労働安全衛生法に基づく運転技能講習を修了しなければならないことが義務づけられています。

玉掛

制限荷重1t以上の揚貨装置及びつり上げ荷重1t以上のクレーン、移動式クレーンもしくはデリックの玉掛け業務に従事する方は、労働安全衛生法に基く技能講習を修了しなければならないことが義務づけられています。

□分割受講可能

■ 通常の講習日程は、連続した日程ですが、 土日曜日のみ、日曜日のみの受講とか、履修科目を分割して受講することができます。

■ 仕事を休まず受講することができます。

■講習日時は、ご相談ください。

    TEL  0749-23-8835